東北新幹線 歴史

東北新幹線の歴史について

東北新幹線は全国新幹線鉄道整備法に基づく新幹線鉄道として、1971年に運輸省が告示をした新幹線3線のうちの一つとなっています。

まずは、東京から盛岡間がこの告示どおりに着工する事となりました。現在でこそ東北新幹線は、東京から新青森と言う長い区間を結んでいますが、最初に開業したのは、大宮から盛岡間になります。これが1982年の話になります。

そして、1985年には上の殻大宮間、そして、1991年には東京から上野間が開通する事となって、これによって、東海道新幹線から東京を経て盛岡までが繋がるものとなったのです。一方で、盛岡から新青森間は、北海道新幹線の建設基本計画に合わせ追加されたものとなっており、後から追加された区間となっています。

まず2002年には盛岡から八戸が開通するものとなって、2010年には八戸から新青森間が開通する事になりました。さて、この東北新幹線なのですが、最初の区間の着工から全線が開業するまで、他の新幹線では長くても10年から20年程度しかかかっていないところを、39年もかかるものとなっています。

この事については、東北新幹線が非常に長いものであるという事も考えられますが、様々な反対意見、建設に際しての難度があった事によるものです。