東北新幹線 走る運行1

東北新幹線を走る運行1

東北新幹線を走る列車には、他の新幹線と同様にして様々な名前が付けられています。
これによって目的地や停車駅が異なるものとなっているのです。

まず、最も主力とされているものが、「はやて」で、これは主に東京から新青森間を結んでいる速達列車の愛称として知られています。全車指定席になっており、停車駅も、東京、上野、大宮、仙台、盛岡、八戸、そして新青森で固定されているものとなっています。また、利用状況やダイヤによっては、仙台より北の地で途中の駅に停車する事もあるようになっています。

また、基本的に、東京から仙台・森岡の間では秋田新幹線である「こまち」を併結して16両編成の運行となっており、仙台までは「こまち」車両を利用する事もできるようになっています。「やまびこ」もしくは「Maxやまびこ」は、主に東京から仙台・盛岡間を走っている、準速達列車の愛称とされており、東京、上野、大宮、宇都宮、郡山、福島、仙台と仙台よりも北は各駅に停車するものとなっています。

以前まではこの「やまびこ」が東北新幹線での最も速いという運行だったのですけれども、八戸まで延伸された事によって、「はやて」にとって代わるものとなりました。
現在では「はやて」が最も主力の運行となっています。