E5系新幹線 外見的特徴

E5系新幹線の外見的特徴

E5系新幹線こと、はやぶさには様々な新幹線についての最新技術が使われており、これが独特な外見をもたらすものとなりました。

まずE5系新幹線を見た時に真っ先に印象に残るのがその特徴的な外見にあると言えるでしょう。その先頭形状の姿は、アローラインとよばれるノーズと呼ばれるものが非常に長くなっているのが特徴です。

これはトンネル内の微気圧波を軽減するために使われているものとなっています。ノーズの長さは約15mほどとなっており、これは非常に長い鼻と呼ばれる部分と言えるでしょう。また、車体の色についても、未来を感じさせるという事が意識されています。

先進的イメージ、そしてスピード感が表現されるために、すでに走行させられていた、E954形の試験車両で使われていたものが用いられています。車体の上部の部分は常盤グリーンと呼ばれる色、そして、下部の部分は飛雲ホワイトと呼ばれるカラーになっており、境目となる中央の部分にははやてピンクと言う名のストライプを纏っています。

こうした特徴が、このE5系新幹線の独特な姿をしたフォルムを形成するものとなったのです。
今までの新幹線に無かったようなカラーは、ホームでも十分に栄える姿でしょう。