東北新幹線 沿線

東北新幹線の沿線

東北新幹線はその名が示している通りに、東北地方を走行していくという新幹線となっており、沿線には東北地方の主要都市があります。

南から見ていきますと、北の玄関口として知られる都市、大宮がまずあり、ここで、上越・長野新幹線と分岐する形になります。

そしてそのまま新幹線は北上をしていき、宇都宮の都市、那須塩原などの観光地を過ぎて郡山へ。この辺りは通勤の為に利用している乗客も多くいると言われています。そして東北地方の都市の一つである福島を通過すると、政令指定都市の一つとなっている仙台に至ります。仙台は大都市の一つとして、多くの東北新幹線の運行があり、また全ての運行が停車するものとなっています。

そして新幹線はさらに北上を続けていき、かつての終着駅であった盛岡駅で秋田新幹線と分岐をするものとなっており、そこからは東北新幹線のみが単独で北上を続けて行くものとなります。青森県の都市の一つで、以前までは東北新幹線の終着点であった八戸を過ぎると、西側に進路を取り、やがて東北新幹線の終着駅である新青森駅にまで至ります。

新青森駅までは東京駅から約3時間の行程となり、東京から直接アクセスができるようになっています。