東北新幹線 沿線都市 仙台

東北新幹線の沿線都市、仙台

東北地方では最大の都市、そして東北新幹線にとっても要所の一つとなる都市が仙台になります。

仙台はその昔から奥州の主要都市の一つとして知られてきた都市となっており、現在でも東北地方に無くてはならない都市となっているのです。東京、そして青森からの距離は、ほぼ中間点である350kmほどの位置に位置しており、現在の人口は100万人を超えると言うほど。

東北地方とは言っても温暖で真冬日は稀にしか無い、住みやすい都市となっています。また東北地方の他の都市との結びつきも深く、交通のアクセスも新幹線やバスを中心にして発達しているのです。

仙台市にある産業では、サービス業の伸びが非常に顕著なものとなっています。仙台市は南東北においての物販、サービス業などは中心地的な役割を示しており、一番町と仙台駅周辺と言う二つの中心部商業地が大きな集客力を持ち、郊外ロードサイドショップなどが密集しています。

また仙台市の小売商圏に至ってはこの市の域を越え、山形県や福島県中通り、岩手県北上川流域にまで広がるほどとなっています。
また仙台駅からクリネックススタジアム宮城に至る大通り周辺は、ITアベニューと言われる、IT関連産業のオフィスも集積してきているのです。