東北新幹線開業 はやぶさ

東北新幹線の魅力について語ります

2011年3月5日
「東北新幹線 はやぶさ」がJP東日本よりデビューを果たしました。

はやぶさはJR東日本のコーポレートカラーである緑と白を基調に、洗練されたフォルム、個性的でシャープな作りが話題を呼んでいます。

車内はもちろん、車外においても騒音や揺れを低減する仕組みを搭載。

さらに環境性能だけではなく、快適性を向上させながらも、更なる高速性も実現した、最先端技術の結晶です。

かつてない乗り心地と、快適性を備えた新幹線です。

東北新幹線について

東北新幹線というものは、現在では東京から新青森までをつないでいる、日本では最長の長さとなる新幹線となっています。

東北地方と関東地方とを結ぶ大動脈的な路線として活躍をしており、多くの乗客を乗せて毎日走っています。

また、この東北新幹線に直通する新幹線として、上越・長野・秋田・山形新幹線があるために、東北新幹線は最も多くのタイプの新幹線、そして行き先を持っている新幹線ともなっているのです。

東北地方には観光名所、そして地方都市が沢山あります。代表的な都市としましては、大宮から、福島、仙台、盛岡、八戸、そして青森が挙げられ、これらの路線が一直線に結ばれるような形で、東北新幹線は走るものとなっています。

東北新幹線の各都市での通勤客などでもこの新幹線は使われている他にも、観光客などもこの新幹線を使っており、多くの乗客がこの新幹線に乗る事が知られています。

東北地方側から、関東地方への通勤客の為の運行もされているなど、通勤と言うものを見越した新幹線であると言う事も分かるようになっているのがこの新幹線の特長と言えるでしょう。

また、2010年に八戸から新青森間が開業する事によって、全線が開通するものとなりました。

オススメサイト